第2章【01】3倍速く正確に英文が読めるようになる画期的方法

第二章  英語の成績を変えられる勉強法

 

3倍速く正確に英文が読めるようになる画期的方法

 

「英語長文が苦手なんです」

「模試で、英語長文で、時間が足りなくて、点が取れません」

「なんとなく意味は分かるんですが・・・・・・知らない単語も多くて」

受験生の多くが、毎年毎年、同じような相談をしてきます。

 

そして、多くの学校の先生や、先輩、自分よりも成績のいい友人は次のように答えます。

「まずは、単語力をつけなさい。この単語集を覚えなさい」

あるいは、

「文法や、構文の理解があいまいなんだよ。この、問題集をやったら?」

「とにかく、辞書を引いて引いて引きまくって、授業の予習をしてきなさい」

こういう答えが返ってきます。

まあ、一般的に考えれば、もっともなことなので、そのとおり実行しようとします。

しかし、単語集や文法問題集、構文集などを完璧に覚えて、そのあと、長文読解までマスターできるのは、せいぜい受験生全体のうちの二割くらい。残り八割の受験生は、結局、中途半端なまま、入試本番を迎えることになってしまう。

これらのアドバイスは、英語の先生の立場からしてみれば、正しい。確かに、単語力を身につけて文法を理解し、構文をマスターすれば、英文は読めるようになります。ただし十分な時間があるならば。

しかし、はっきり言いましょう。時間制約のある受験生にとって、英語以外の科目も多く勉強しなければならない受験生にとって、これらのアドバイスは、現実的ではない、はっきりいってしまえば、的外れなアドバイスといえるでしょう。

 

通信添削にしても、かなりの程度、自分ひとりで英文が読めることが、前提となっています。きわめて少数の人にとっては、役に立つ。

問題集もかなりの程度、自分ひとりで英文が読めることが、前提となっています。だから、購入した人のうち、八割の人は、問題集をこなすことができない。

よく売れている英文読解の問題集も、使いこなせる人は全体の二割でしょう。ある程度英語力のある人でなければ、こなせない内容だからです。

一般的に、予備校の「英文読解の授業」もかなりの程度、自分ひとりで英文が読めることが、前提となっています。確かにパラグラフリーディングとか、ニュアンスとか、きれいな訳とか、予備校講師の授業の中には、すばらしい授業もあります。

しかし、その多くは「ある程度英語が得意で、得意な英語にさらに磨きをかけようとしている人にとっては(すばらしい授業)」という前提を忘れてはいけません。

「あの先生の授業、分かりやすい」

「あの講座は役に立つ」

ということを聞いたら、たいがい期待通りのことが多い。

しかし、「自分は、英語が得意とはいえない」となると、話は別。成績のよい友人から、

「あの先生の授業、役に立った」

というのを聞く。

それで、その講座を受けてみる。しかし、自分にはさっぱり分からない。

そんなことが少なくありません。

 

学校のリーデイング(英文読解)の授業に関しては、先生がただ訳を言っているだけ。しかも、意訳という場合が多い。時間的な制約もあるから仕方ないのかもしれません。

とはいえ、書店に行けば、さまざまな英文読解の参考書が並び、予備校の授業も多くの中から選べます。英文法や語法などの問題集や英単語集などは、一見、すばらしくまとめられたものも多い。

しかし、英文読解に関しては、優れているといわれている、あるいは、売れている参考書の多くは、すでに「英語が得意な人向け」なのです。

 

「予習、予習といわれるけれど、どう予習すればいいか分からない」

「あまりにも、英文法や単語を知らなくて、読解の説明を聞いても何がなんだか分からない」

「パラグラフリーディングとかなんとか言う前に、英文一文一文の書いてあることが分からない」

など、本当に困っている受験生、やる気はあるのに、英文読解に関しどうしていいのか分からない受験生の人たちが、実は、一番多いことを私はうすうす感じていました。

 

「先生、英語がどうにもならないんです。受験科目に英語がない大学なんて、ないですよね」

K君の本気で悩んだ表情を見て、「ナントかしてあげなければ・・・・・・」と強く感じました。

何かいい方法がないだろうか、私は考えました。

そこで、私は、K君の他に二人の生徒をビックアップしました。あえて、三名で、英語の特別授業を行うことにしました。彼らの英語の偏差値は、三人とも四〇未満です。

ただ、彼らは英語の成績は悪いけれど、「ナントカしなければ・・・・・・」という、やる気は断然あったことを付け加えておきます。

初めに、英文法について中学レベルのことは、分からないとお話にならないので、中学レベルの問題集を一冊、完全に終わらせました。時間がかかった人でも、二週間で終了。

その次に、私が行ったこと。それは、いきなり「センター試験の長文問題」に取りかかったことです。

もちろん、彼らにとっては、知らない単語だらけ。「かなり」時間をかけて、丁寧に解説し、隅から隅まで理解してもらう。本文を解説する上で、必要な文法が出てきたら、その都度解説をしていく。ある生徒は、たった一題復習するのに、二週間もかかりました。復習も完全に行い、出てきた英単語や熟語は全て覚えるなど、徹底的に一題一題を丁寧にこなしました。

それが終わると、次の問題も同じ方法で行ないます。ただ、少しずつ、ペースが速まってくる。

生徒のほうも、慣れてくるから。

あとは、その繰り返し。二ヵ月後、彼らの読解力は、飛躍的に上がりました。行なったことは、とても単純。

しかし、隅から隅まで、納得の行く説明を受け、理解し、そして完全に覚える。説明の際に使ったのは、主に6つの記号だけ。いわゆる「文法用語」は、全くといっていいほど使いませんでした。

このようにして、全く違ったアプローチの授業が生み出されました。

それが、「ロッケー式英文読解法」の原型となったのです。

 

この方法は、もともと、英語が不得意な人たちのために、私が行なった方法なのですが、実際、実行してみると、すでに偏差値が七〇を超えている英語が超得意な人たちから、思わぬ反響がありました。

それには、正直、驚きました。

 

彼らが言うのは「より正確に読めるようになってきた」ということ。

どういうことかというと、センター試験をはじめとする大学入試問題は「受験英語」であり、例えば、日常、英語を使っていた帰国子女であっても、全く対策をやらずに受けると、九割未満しか取れない場合が多い。大学入試において、更なる高得点をとるためには、英文をスミズミまで「かなり」正確に読めなければならないのです。

英語が超得意な人にも実は悩みはあります。たとえば、センター試験の模試で、180点台は取れるのだけれど、190点をなかなか超えられない、ということなど。

 

ロッケー式英文読解法で、あえて、印をつけていくことで、読解の精度が増す。それにより、ケアレスミスや判断ミスが減るわけです。

ということで、その後、高一レベルの英文から、センター試験はもちろん、難関国公立大学レベルの問題まで、英文読解に関しては、すべて、ロッケー式で指導していくことにしました。その方法が、大学受験勉強に、ピタリと当てはまったのです。

 

ロッケー式とは、「6つの記号」だけで、指導していく方法。受講していた生徒が名づけました。英語が不得意だった彼は、結局、国立大の医学部に合格しました。

6つの記号だけで、難関大学の英語の入試問題までも解いてしまう画期的な方法。「ロッケー式」の指導のプロセスには、綿密な計算があります。多くの授業が講師側の都合、先生側の都合で、教えている場合が多い中、「学ぶ側」に立った画期的な授業。高度な内容も、もちろん含まれます。

しかし、受講している生徒にとっては、一見、単純にみえる。だから、すぐに実行できるのです。

事実、ロッケー式で学習し、授業出席率七〇%以上の生徒について、ほぼ全員の英文読解力が、大幅に上がりました。

そして、予想外のことも起こったのです。

「ロッケー式」で英文読解力を磨き、難関大学に合格した卒業生が、家庭教師のアルバイトをしているとのこと。アルバイト先で「ロッケー式」により、私立難関高校受験生や大学受験生に指導したところ、飛躍的に英語の成績が上がった、という報告を、彼らから複数受けました。

そう、一度「ロッケー式」をマスターしてしまえば、英文読解能力が飛躍的に高まるし、他の人の英文読解能力も向上させることも出来るのです。

関連記事

  1. 第2章【08】大学受験に求められているのは「いかに正確に読むか?」

  2. 第2章【04】入口は「感覚的」、出口は「論理的」

  3. 第2章【03】「英語」だけ、やればいいというものでもない